忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
25th




 曖昧な線の世界では、心は薄く柔らかいゴムに包まれた液体のようになる。下手に触れれば個は形を失い、周りに溶けて薄くなる。
 そんな風景の中で、彼は今までの出来事を眺めていた。役者は関節をヒモでやっと止めたような人形達だ。操作も、小道具も、音楽も、全てに熱が入っており、時々それが本物に見えることがあった。
「どうして僕がロックマンに選ばれたんだろうね」
 機械羊に座った小さな英雄はぽつりと呟く。言葉の芯が掴めず、羊はただ黙って彼を見つめる。
「僕よりも、もっと強い人や勇敢な人はたくさんいるんだ。でも、どうして僕だったんだろうねぇ」
 ひどく少年らしい声だった。……よくよく考えれば、当然だ。彼は人間で言えば十歳程度の、家庭用のお手伝いロボットなのだ。
「運命は、その時に良い道を見つける事が出来る者を選ぶ、と聞いた事がある」
 ぽつ、ぽつ、と降り始めの雨のように羊は声を出す。人形劇の音の方が大きいので、少年は聞き落とさないよう下の羊にイヤーレシーバーを近づけた。
「君より強い者、かしこい者はたくさんいた。でも、良い道を見つける事ができたのは君だけだった。だから、君はロックマンに選ばれた」
「……僕が選んだ道は、良い道、だったのかな?」
 少年はか細く、頼りない声を小さく出して羊の毛に顔を埋める。日光でも浴びてきたのだろうか、お日様の匂いがした。
「君は良い道を選んださ、少なくとも、私にとっては。君がロックマンだったから、私は救われている」
 一時の沈黙の後、ありがとう、と微かな声が耳に入ってきた。羊は背中のヒーローが小さく、軽いことに今更ながら気づいたのである。


 終わり


 悩んで戦って、25年。多分戦ってきた誰もが、こいつが相手でよかった、と思っているんでしょうね、きっと。

拍手[1回]

PR
【2012/12/29 00:11 】 | | 有り難いご意見(0)
<<今年もお世話になりました | ホーム | 恋をした(潮→泡)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>