忍者ブログ
  • 2018.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.05
蓮ヶ畑(ネプチューン 捏造ネタあり)




 ひどくしゃがれた老婆の声を覚えている。
「お救い下さいませ」
 老婆は襤褸切れを纏って、ずとずとと、酷く鈍い足取りで神が座すると言うイヤンヤ・ヤカンの岩に祈っていた。老婆だけではない、子供も、大人も、男も、女も、ニンゲンと呼ばれる何もかもがそこに祈りを捧げていた。
「お救い下さいませ、エデカント様、どうかお救い下さいませ。長く、長い争いに、衆生は疲れ果てております」
 各々が勝手に始まり、好きな速さで言葉を捧げる。普通、こういったものは不協和音となるはずなのに、なぜだろう、まるで合唱のようだった。
「お救い下さいませ、エデカント様、どうかお救い下さいませ。衆生は涙も血も枯れ果て、流れるものは声しかありませぬ」
「お救い下さいませ、賢く慈悲溢れるエデカント様、どうかお救いを」……
 哀れで悲しい声は風に流れてどこまでも続く。始めたのは同族だと言うのに、随分と勝手であるなとは思う。まあ、彼らにしてみれば、上と下では違うのかもしれんが。
(しかし……エデカントと言えば)
『ネプチューン、聞こえるか、ネプチューン』
 通信機に飛び込んできたのはサターンの声だ。なにやらひどく急いでいるようである。
『どうしましたサターン、何か……』
『呼び出しがかかったんだよ、なんか重要な用事らしい』
 すぐ向かう、と返事をして足を向ける前にもう一度イヤンヤ・ヤカンの岩を見た。祈りは今もなお続き、言葉が辺りに木霊していた。
 
 作り手の元に赴き、彼の命を受け星の外へ出でて数時間後――隕石の衝突により母星は滅亡した。
 イヤンヤ・ヤカンの前にいた、ニンゲン達の願いは叶ったのだろう。
 エデカントは死の神である。


 終わり
 

 花言葉は一つの花に複数ある場合があります。
 例えば絵に描いた蓮は「雄弁」「休養」「神聖」「離れゆく愛」と言うものの他に「救って下さい」というものもあるそうです。

拍手[1回]

PR
【2012/12/18 21:11 】 | | 有り難いご意見(0)
<<恋をした(潮→泡) | ホーム | 25周年ですって>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>