忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
地獄で僕の相棒をつとめてもらうんだ(泡潮)



 家にある高橋葉介版帝都物語を読んでいたら加藤保憲と目方恵子の関係に改めて燃えて萌えて、転がりまくった結果のイラスト。愛も憎もなにもかもひっくるめてかき回して、どろどろの塊に近い何かになった間柄というのは良いですね。ある意味では理想の男女関係って感じがして、ものすごくゾクゾクします。
 私の中で泡さんは情念とか恨みつらみとか、不健康なものを持っている人で、潮さんはそれら全てを受け入れる土壌がある人なので、そんな片栗粉のような関係が描けるかなーと思ってみましたが、まだまだのような気がします。
 そう考えてみると、潜水さんは健康的なんだなぁと改めて思いました。そんなドロドロしたものを持っていないって意味で。その分喞筒さんがドロドロしているからいいのかしらん……。

拍手[0回]

PR
【2012/05/31 00:33 】 | | 有り難いご意見(0)
<<それは偏見だ | ホーム | こまめに>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>