忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
ロックマン×横溝正史 22.睡れる花嫁






「スネークマン×睡れる花嫁」
 睡れる花嫁は昭和二十九年に発表された短編です。角川文庫では人面瘡に収録されています。

 巡回をしていた警察官が刺殺される。警官殺しの犯人は、数年前、病死した妻を埋葬せず、発見されるまで遺体と生活を続けていた画家の男だった。警察はすぐに調査を開始し、警官殺しの現場となったアトリエに乗り込み、そこで数日前に病院から盗み出された女の死体を見つける。その死体もまた、かつての事件と同じように、愛された跡があった……。

 あらすじの段階で引いてしまいそうな、エログロ要素のある短編です。横溝作品……と言うか金田一作品は、結構こういう話もあります(格調高い話とエログロ話を同時に連載して、びっくりされた、と言う逸話も残っていたりするそうな)ただエログロ要素があるからと言って、それで話の全てが染まってしまうか、と言えばそうでもなかったりします。
 読むのに少し勇気がいる作品ですが、質は高い短編ですので、読む機会がありましたら、ぜひ一読してみてください。本当、要素は引くのですが、話の筋は理性的ですので。

 なおこちらの作品は題材が題材だけに、映画化、ドラマ化等はされてなかった、はずです(ちょっと自信なし)ただ漫画化はJET 長尾文子がしています。
 JET
版は幾分かオリジナル要素が加わっていて、殺された警官の妹が登場し、それがストーリーに絡んできます。長尾版は原作通りの展開ですが、ラストがほんの少し変わっています。どちらが良いかと言えば、……どっちなんですかね。ただ両者とも、ラストの一ページが非常に印象的で私は両方とも好きです。

 個人的な話になりますが、この話は花園の悪魔と同じくらい、ダブって持っている作品だったりします。金田一作品は古本を見つけるたびに買ったりしていたのですが、再出版や出版社の違いなどの為に、気づいたらダブっていました。好きな話だけど、三冊はダブりすぎぃ!!

 今回もまた、切り絵です。順番を勘違いしていて、「スパークがこの話か」と思っていたのですが、雰囲気が似合うスネークだったのでちょっと安心しました。似合うキャラとちょっと合わないキャラがいたりで、それも面白いと言えば面白いのですが、でもやはり似合うキャラにやってほしいな、とか考えたり。

拍手[0回]

PR
【2014/06/15 19:40 】 | | 有り難いご意見(0)
<<海王星波(マスクレス注意) | ホーム | 貴方は私の貝の殻>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>