忍者ブログ
  • 2018.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.05
強敵と戦闘中(海王星と波)
波さんマスクレス海王星さん腕切られにつき、続きに置いておきます


(そりゃ本気になるよな、手を落とされりゃあ、なぁ……)

 ちょっとグロイ話。
 藤原カムイ氏が作画担当した帝都物語の漫画版で、加藤保憲が幸田露伴に手首をずっぱり切り落とされるシーンがあります。落とされた手首は、加藤の配下の女がしっかりと捉えるんですが、手を使わず、口で銜えるんです。そのシーンが凄く好きで好きで、獣の色気溢れていて、このコマだけで腹いっぱいになれるのです。うしおととらの正体を現した斗和子も同じ理由で、絵的に好きです。動きが獣そのもので色っぽい。

 今回の絵もそれを目指してみたものの、何か違う物に仕上がってしまいました。こういった顔も、何も練習もしないで描くと色気も何もない、ただ渋いだけみたいになりますなぁ。問題はそこだけじゃありませんが。
 あと、海王星さんは目だけギガミ版になっていますが、肌色もそれに合わせようと試みた所、どう逆さに振ってみてもナスにしかならなかったので、この色にしました(一応顔色悪い感じにはしてみました)前に海王星さんの輪郭を描く時はナス意識して、と思っていたのですが、さすがにそろそろナスは卒業した方がいいと思いました。

拍手[0回]

PR
【2014/03/15 23:44 】 | | 有り難いご意見(0)
<<溜まったらまとめる | ホーム | デザイン>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>